まだまだ日本には避妊をせずに性交渉を行い、幼いながらに妊娠、出産をし苦しい生活を行っている未成年が数多くいます。いくら女性側の避妊方法があるにしてもまずは男性側で行える避妊を第一に考えるのが一番なのではないのでしょうか?

避妊をしない未成年たち

避妊は自分を守る為に大切!たばこに賞味期限は?

セックスをする際、妊娠を望まない場合は通常避妊をして行います。
子供を作りたくない場合、必ずしなければならない事ですし、避妊をしない場合にはそれ相応の覚悟が必要です。
多くの人は、避妊方法としてコンドームを使っています。コンドームは男性が自身の男性器に被せて使用するゴムで、安価で手軽に使えるため広く普及しています。しかし、これには必ず男性側の協力が必要ですし、途中まで生で挿入したり、外出しで避妊したつもりになる男性がまだまだ多いのも認めざるを得ません。また、コンドームを付けても中で破けてしまうといったトラブルが起こる事もあります。
こういった時の為に、女性は低用量ピルを飲んで避妊しておくと安心です。低用量ピルは毎日一錠服用するだけで、ほぼ100%の避妊率を発揮してくれます。様々な種類があり、体質に合ったものを選べるため、安心して使用できます。
しかし、たばこを日常的に吸うヘビースモーカーや高齢の方は、血栓症になりやすくなるため、必ず医師に相談し、血液検査を定期的にするなど対処が必要です。
では、ピルを飲む際に注意が必要なこのたばこは、賞味期限があるのでしょうか。
実は、JTから発売されているたばこには賞味期限があります。これは、たばこの味や香りが損なわれない期間を目安に設定されており、賞味期限が切れているからといって吸えないわけではありません。しかし、製造されたときの本来の風味とは異なっている可能性があることは承知しておかなければなりません。
海外のたばこには賞味期限の記載はなく、カビなどが生えていなければ吸っても問題がありませんが、やはり製造から時間が経っていると風味の変化はあります。ですが、この変化後の風味の好き嫌いは個人の好みの問題ですので、一概に劣化と言えるものでもないのです。