まだまだ日本には避妊をせずに性交渉を行い、幼いながらに妊娠、出産をし苦しい生活を行っている未成年が数多くいます。いくら女性側の避妊方法があるにしてもまずは男性側で行える避妊を第一に考えるのが一番なのではないのでしょうか?

避妊をしない未成年たち

避妊失敗時の救急の避妊方法とは

避妊には様々な方法があります。女性の体内に器具を留置して行うタイプのものから、性行為の際に効果が発揮されるとされるコンドームなど、様々な方法があります。多くのカップルが利用する避妊方法はやはりコンドームではないかと思われます。確かに、一回あたりのコストも安く、店頭で購入したものを使用するのであれば一回50円程度で済ませることが出来ますし、ホテルなどのものを利用すれば無料で行う事が可能です。しかし、こういった性行為の際に度々起こるのが避妊失敗です。特にコンドームに寄る避妊失敗が多いのですが、適切な使用を行えば試算によるとほぼ確実であると言われている物であっても失敗が起こりえるのです。ゴムの着用方法が適切でなかったり、購入時がかなり前で、耐久性が劣化していたケースなど様々な要因が考えられます。そうして、避妊行動を適切にとっていたとしても避妊失敗した場合に必要なのは救急処置的な避妊行動です。
そのような救急的な避妊行動はアフターピルの服薬があります。アフターピルとは、産婦人科医などで処方してもらう物で、効果としては避妊だけでなく、生理を整える薬としても知られています。救急時の避妊であっても効果があり、二十四時間以内であればほぼ確実な避妊が出来ます。しかし、二十四時間を過ぎると成功確率が低下し、七割前後となります。三日以内の服用でなければ効果が発揮しないため、失敗したとわかった段階ですぐにアフターピルを処方してもらうようにしましょう。特に、産婦人科の中には二十四時間開業しているケースがあるので、そういった病院をネットなどで探すようにしましょう。
なお、安易なピルの使用は様々な症状が出る可能性があるので、普段から診断してもらっている人ではない場合には出来るだけ服用しないで済むように準備を徹底するなど、心がける事が大切です。