まだまだ日本には避妊をせずに性交渉を行い、幼いながらに妊娠、出産をし苦しい生活を行っている未成年が数多くいます。いくら女性側の避妊方法があるにしてもまずは男性側で行える避妊を第一に考えるのが一番なのではないのでしょうか?

避妊をしない未成年たち

避妊薬内服中に風邪薬を併用、生理への影響は?

避妊薬と言えば、ピルです。このピルは正しく定期的に摂取することができれば、避妊に対して素晴らしい効果を現します。そのために確実な避妊方法の1つとして使用する人が増えてきています。始めて飲み始める時には、病院を受診し、医師に薬を処方してもらうことがほとんどです。それと同時に正しい内服の仕方を指導されることでしょう。もしも飲み忘れたらどうしたらいいのか、そして生理の時にはどうすればいいのかと分からないことがたくさんあれば、その時に医師に相談をしておくとよいですね。またピルを飲んでいるときに、ほかの病気にかかってしまうという可能性もあります。例えばよくあるのは風邪などですが、この時にピルと風邪薬を同時に飲んで良いのか、薬を併用することは問題ないのかと心配になる人もいます。しかしピルは正しく飲むことで効果を発揮する薬です。風邪薬を飲んでいるからといって自己判断でやめてしまうことは危険です。風邪薬を含め、何か薬を飲む場合には、医師に相談をしてからの方が無難です。また生理中の飲み方について疑問を持つ人も多いです。なぜなら生理が来るということは、妊娠をしていないということ。その時にはピルはどうしたらよいかと思うのです。通常はピルはシートに入っていますが、そのシートの一つ目の薬を生理の一日目に飲むように指導されます。そのため生理中でも飲むということですね。ピルを飲む時には、疑問がたくさんあるでしょう。通常は忘れにくいようにシート状になっているので、毎日規則正しい生活を送っていれば忘れることもないでしょう。また時間がずれたりしても12時間以内のずれの場合は修正できるといわれます。正しい知識を得て正しく内服することが大切です。